公益社団法人 三州倶楽部 公式サイト

三州倶楽部とは

  • HOME »
  • 三州倶楽部とは

1.概 要

三州倶楽部は、1918年(大正7年)に創設された三州(薩摩、大隅、日向)の出身者、及びその縁故者が集い、三州の伝統、文化、先人の偉大な事績、史実を調査・研究、広報すると共に、他の諸団体と連携して郷土、及び地域社会の発展に寄与すること、また併せて会員の交流、親睦、研鑚を図ることを事業とする社団法人です。

2.倶楽部の足跡

(1)桜島大爆発

大正3年1月「桜島大爆発」を機に、東京在住の郷里出身の若者有志による義損金募集がそもそもの始まりです。募金活動の結果120余円が集まり、心をこめて郷里鹿児島へ送金致しました。そこには若者たちの郷里を想う努力があり、心暖まる贈り物となりました。

(2)土曜の会

大正3年3月、毎月第1土曜日に島津奨学資金事務所(現, 公益財団法人鹿児島奨学会)に集まることを決め、初回は30余名の参加者でした。

(3)鹿児島県立憲青年会

 若い者同士がお互い “交わり”を深め、”輪を広げることは大変結構なことであるが”先輩方の時代を見る見識や、意見をもっと学ばなくてはいけない”という認識で皆一致していました。そこで発起人10余名でこの会が設立されました。この会合は先輩をお招きするのではなく、 若者達が率先して先輩のお宅を訪ね、さまざまな見識や意見を学び吸収するためのものでした。

(4)三州倶楽部の誕生

 お互いの交わりも深まり、先輩方との交流も次第にひろがるなかで、若者達は”会を組織化したいそして集会場所を持ちたい”という強い願いを持つようになったのです。このようにして若者達の篤き想いは熟し、桜島大爆発から4年後の大正7年2月に「三州倶楽部」が誕生し今日に至っております。 つまり三州倶楽部創立の基礎は若者達による「土曜の会」と「立憲青年会」がお互いに連携して作られたものです。初代会長は海軍大将樺山資紀でした。

(5)沿革

1918年(大正7年) 京橋三十間堀畔に設立。初代会長, 伯爵海軍大将 樺山資紀

1920年(大正9年)  社団法人設立許可。初代総裁公爵島津忠重

1923年(大正12年) 関東大震災における三州出身罹災者の救援活動

1937年(昭和12年) 三州倶楽部が中心となり建立計画をした南洲翁銅像の除幕式

1957年(昭和32年) 5月大圓寺にて戊辰戦争薩摩藩 並びに佐土原藩戦歿者慰霊法要を営む。

           9月戊辰戦役薩藩戦沒者慰霊顕彰会を設置

1999年(平成11年) 育英事業運営委員会発足。育英基金設立を決定し、募金活動を開始

2008年(平成20年)  三州倶楽部創立90周年記念式典開催

■初代会長  樺山資紀

天保8年(1837年)生、大正11年没

大正7年2月~大正9年2月会長

・警視総監・海軍大臣・軍令部長・ 台湾総督・内務大臣・文部大臣歴任・伯爵元帥・海軍大将

■初代総裁  島津忠重(島津家30代当主)

明治19年(1886年)  昭和43年没

大正9年2月~昭和43年4月総裁

・公爵正ニ位勲一等・海軍少将 全日本蘭協会会長、他各団体会長役員

・島津興業株式会社社長、会長歴任

3.倶楽部の事業

 三州(旧薩摩、大隅、日向)の歴史、文化、伝統及び先人の事績、史実を調査、研究、伝承、広報し、他の諸団体と連携して三州と地域社会の発展に資し、人材を育成すること。並びに会員相互の交流・研鑽・親睦を図ることを事業目的としています。

事業内容 (平成22年度事業計画より)

Ⅰ 公益目的事業

(1)三州の歴史、文化、伝統などに係わる行事の資料収集、調査・研究及び伝承、展示、広報事業

1)三州の歴史、文化、伝統等を調査・伝承し先人の精神や事績を学んで、郷土 愛を育み、人生の教訓を得て啓発する事業、

・三州祭典を主催して郷土の祖先・先輩の遺徳を偲び、功績を顕彰する。

・戊辰之役薩摩佐土原藩戦沒者慰霊顕彰会を主催し、先人の事績を研究、啓発する。

・岐阜県薩摩義士顕彰会、南州神社例大祭、大久保甲東祭へ参列する。

2)三州郷土館として、その歴史、文化、伝統に係わる資料、文献等を収集し展示公開する。

・倶楽部所有の歴史、文化、伝統行事等の図書、資料等の展示、公開する。

・鹿児島県、宮崎県の市町村の現況に関わる資料、映像DVD、日刊紙等を展示、公開する。

3)県民・郷土出身者(国内・国外)、地域社会への情報提供を行う。

・資料及び倶楽部会報(年4回)の発行する。

(対象:会員、県及び県下市町村、国内外県人会、 大学、国会図書館等)

・ホームページを充実し公開する。

・鹿児島県・宮崎県関係のイベント・災害等の情報を収集、提供する。

(2)三州、及び近隣地域の産業・社会の健全な発展支援、地域連携・国際連携事業

1)三州及び近隣地域の産業・社会の健全な発展の支援

・三州倶楽部鹿児島懇談会(3月、9月)の開催

・鹿児島県・宮崎県等公的機関のイベント等への協力

・鹿児島の夕べ参加

・鹿児島市政報告会参加

・かごしま検定(鹿児島商工会議所と連携)実施

・その他地域連携イベントへの参加

2)目的を同じくするその他諸団体との交流・連携活動

・全国鹿児島県人会、関東鹿児島県人会連合会、東京宮崎県人会

・鹿児島・宮崎商工会議所

・おはら祭、渋谷・鹿児島おはら祭、西郷南洲顕彰会

3)産業振興、文化や社会生活に関連する講演研修会・セミナー等の開催

・講演研修会(年6回開催:、東京地区4回、鹿児島地区2回)

・三州経営研究会(年4回)

・その他(地域交流、セミナー、シンポジウム等)

(3)人材の育成・助成事業

・郷土学生の海外研修助成金授与事業

・郷土学生との懇談会を開催

・講演会や伝統行事へ学生を招待

・鹿児島県教育委員会等の要請により、小、中、高校に講師を派遣。

Ⅱ 交流・研鑽事業

1.新入会員歓迎会を実施し、新入会員との交流を深める。

2.入会3年までの会員との交流会を開催する。

3.各種同好会の発足と運営を支援する。

4.「温故知新のつどい」を開催して先輩会員の気概に学ぶ。

5.会員の米寿、叙勲、褒章、当選、要職就任を祝賀する会の開催

6.会員の新年賀会、忘年会を開催して交流、親睦を深める。

収益事業

1.駐車場を賃貸する。

2.三州関連団体、及び近隣住民に会館施設を会場として賃貸する。

3.諸手数料の収入を図る

4.三州倶楽部の主な遺徳顕彰会

(1)三州祭典(11月:三州倶楽部)

 三州郷土の歴史上の出来事、人物、特に明治維新、その後の我が国の近代化に主導的役割を果たした先人の精神や事績を顕彰して愛国心、郷土愛、行動力などを学び、平和への感謝の念を育み、各人の啓発に資する行事である。

 明治31年、上野の西郷南洲翁銅像の除幕式に起源がある。戦前は古今を通じての国難に殉じた方々を慰霊する行事であった。現在では昭和47年を第1回とし本年で40回目、目的は有史以来三州の歴史を通じて、明治、大正、昭和、平成の現在に至るまで戦争、平和を問わず、各界、各層を通じての歴史上の先輩やお互いの先祖、特に三州倶楽部創立以来の物故会員の遺徳を顕彰し、人生の教訓を学ぶ祭典である。

(2)戊辰之役薩摩佐土原藩戦没者慰霊顕彰法要 (5月:大圓寺)

 明治維新の成功を決定づけ、近代国家建設の第一歩となった慶応4年(1868年)の鳥羽、伏見の戦いで始まり、西郷と勝海舟の交渉による無血開城、会津白虎隊の悲劇などを織り交ぜ、 函館の五稜郭で終わった1年4ヶ月に及ぶ内戦に殉じた約560余名の薩摩、佐土原藩藩士の遺徳を顕彰する行事である。幕末維新期の史実の研究発表、質疑等が行われる。今日の平和で豊かな生活はこのような若い先人の尊い犠牲によってもたらされていることに感謝し、人生の教訓とする行事である。近隣の方、また学生も参加している。大圓寺は1603年徳川家康を開祖として江戸桜田門に建立されたが大火により1908年現在地に移転された。島津光久第19代藩主の嫡子綱久の灰塚が建立され島津家の菩提寺となっている。

(3)岐阜県薩摩義士顕彰会(岐阜県海津市)

 宝暦4年(1754年)徳川幕府のお手伝い普請(人員、財力全て大名負担)として木曽、長良、揖斐川の愛知、岐阜、三重県にわたる広大な流域の治水工事を薩摩藩が命ぜられた。幕府役人の侮辱、島津の歳入の2.5年分に当たる莫大な出費(約40万両)と85人の犠牲者(割腹と病死)を出し、1年3ヶ月で大工事を終え、総奉行平田靭負は責任をとって割腹死した。工事終了後、生き残った藩士たちが記念に植えた日回松の千本松原は250年経った今日でも立派に役目を果たして地元の方々に感謝されている。この薩摩義士に対し毎年春、夏に開催されている顕彰会は盛大である。近隣の方または学生も参加している。この縁で岐阜県と鹿児島県は姉妹県となり、青少年や県民各層の交流が続いている。なお、鳥居前の2基の大灯篭には寄贈者「三州有志」と記されている。

(4)南州神社例大祭(9月:鹿児島市)

 明治12年に有志によって建立、西南戦争で戦死した方々の墓に守られた西郷南洲翁を祀る南洲神社の例大祭。 幕末、維新最大の功労者南洲翁の生涯と、西郷南洲遺訓集や、数々の漢詩に込められた「敬天愛人」の思想、遺徳を学び教訓をえて人格の向上に努めている。

5.会員数

 (平成29年3月31日現在)
1)正会員  452名

2)賛助会員  6社 (鹿児島地区)

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3447-6776 受付時間 10:00 - 17:00 [ 日・月曜日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 三州倶楽部 All Rights Reserved.